いい人がいればというけれど・・・

センスなんでなくても自分が洋服も何もかも選んであげればいいわけですし、家事のスキルがなければ教えてやればいい。結婚のプ口みたいな女性たちは、男性たちが今、何が できるかではなく、結婚したあと自分が育てることのできる柔軟性をもった男に、いち早く目をつけます。鼻がきくわけです。

 

現に今、子どもをもっアラサl(アラウンドサーティ世代)に支持されているのは松坂投手の妻、柴田倫世さん(元日本テレピの女子アナ)。

 

三十代奥様向け雑誌の表紙キャラクターとして大ブレイク中です。

 

とはいえ、柴田倫世さんは六十億円投手の奥さん。港区のマンションに住む専業主婦か読者ならいざ知らず、埼玉、千葉など首都圏近郊の二戸建てに住み、年収七百万弱世帯の主婦、イトーヨーカドーでお買い物をする者に愛されるのはなぜなのでしょうか?

 

その秘密は「姉さん力」にあります。相沢正人さんによれば、「自己実現をしつつ互那を育てることができる姉さん女房」だから支持されます。

 

これに対して、「育てていこう」というその面倒くさい部分を省いて、最初から完成品の男性を求めても、そういう男性は滅多にいません。いたとしてもとっくに狩られていまその結果、「周りにいい男がいない」となるわけです。

 

女性たちはみな、「ふつうの男の人でいいの」と言います。「外資系で年収何千万とかじゃなくていいの」と。その「ふつう」というのは、いろんなものを共有できる人、情緒的にも共有していける人、そして、自分がある程度コントロールできそうな人。柔軟性のある男性です。でも、実は、そこがいちばんむずかしい。それこそが希少価値なんです。結婚後、女性とうまくやっていけそうな人たちは、とっくに狩られてしまっているのです。